MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

単身引越しナビ

3月から4月にかけて非常に多くなるのが、単身引越しです。
単身引越しは、一人分の荷物だけを運ぶ引越しなので、ファミリーの引越しに比べるとそれほど荷物の量は多くなく、梱包作業や、荷解き、運搬も、それほど時間がかかることがありません。

 

 

 

目次

 

単身引越しとは

 

単身引越し

 

3月から4月にかけて非常に多くなるのが、単身引越しです。
単身引越しは、一人分の荷物だけを運ぶ引越しとなりますから、ファミリーの引越しに比べ、それほど荷物の量が多くなく、梱包作業や、荷解き、運搬も、それほど時間がかかってしまう事は少ないとされています。
ですが、引越し業者によって、単身引越しの種類や金額が異なりますから、少しでも安く引越しをしたいと考える場合や、様々なオプションを取り入れて引越しをしたいと考える場合には、業者を比較した上で、単身引越しを行うようにしましょう。

 

単身であっても、引越しする場合には、現在の住居から退去し、新しい住居にうつるわけですから、引越しのマナーとして、近隣への挨拶回りは行う方が良いとされていますし、新居の掃除も含め、事前にやっておいた方が良い事もたくさんあります。
引越しは、運搬だけでは全てが終りませんから、様々な手続きを含め、やり残したことがないようにする事が大切ですし、新居に移ってから、スムーズに生活をスタートさせることができる様にしておくことが大切となります。
単身となりますから引越しの梱包作業だけではなく、転居のための手続きも全て自分自身で行わなければいけないため、慌ただしく感じる事もありますが、計画を立て、やるべきことをカレンダーなどに記載しておくと、後々、やり残していたことが見つかったというような事を防ぐことができるでしょう。

 

単身の場合、自分自身で荷物の運搬を検討する人もいますが、新居までの距離や、荷物の量などを考えた上で、業者に依頼するのか、自分自身で運搬するのかを選ぶと良いでしょう。
業者であっても、通常の引越し同様に、全ての荷物をトラックにのせて運ぶような引越しもあれば、コンテナの大きさが決められており、そのコンテナに入るだけの荷物を運ぶような方法もありますから、様々な業者を比較しながら、自分に合った引越しとなるようにしましょう。
荷物が少ない場合には、段ボールを宅配便にて送るという方法もありますから検討してみましょう。

 

単身引越しをするには

 

単身引越し

 

単身引越しを行うには、自分自身で引越しをするのか、引越し業者に依頼するのかを考えてみましょう。

 

自分自身で運搬する場合には、軽トラックなど、荷物を運ぶことができる車を用意したり、一緒に運搬を手伝ってくれる人や、車の運転手などを探す必要があります。車を借りた費用や、ガソリン代、お手伝いをしてもらったお礼として、食事をご馳走したり、数千円を渡す程度となる場合、引越し業者に比べると、それほど大きな費用がかかりませんから、少しでも安く引越しを済ませたいと考える場合には、自分自身での引越しを取り入れる事も良いでしょう。
ですが、遠方となってしまうと、運搬をし、戻ってこなければいけませんから、引越し業者に依頼した方が良いとされています。

 

引越し業者に依頼する場合、引越し業者選びから行わなければいけません。
単身引越しの場合、コンテナを予約し、コンテナの大きさによって、運搬費用が変わるような、単身引越しを取り入れているような引越し業者もあれば、通常の荷物の運搬と同じように、トラックに荷物を入れて運搬するタイプとがあります。
コンテナを利用して荷物の運搬をする場合、他に引越しの荷物の片隅にコンテナを置くことができますし、非常に少ない荷物となることで、運搬の手間がかからず、引越し費用が安く済む場合が多いとされています。
運搬する距離や、荷物の量、そして引越し業者によって、金額は大きく異なりますから、様々な引越し業者を比較すると良いでしょう。

 

単身引越しのメリットについて

 

単身引越し

 

単身引越しを引越し業者に依頼するメリットとしては、自分自身では梱包をするだけで、後は、コンテナやトラックに、引越し業者のスタッフが荷物を乗せ、新居まで運んでくれますから、自分自身では大変な思いをする必要がないという事です。
お金させ支払えば、オプションにて、掃除や、エアコンの取り付け、取り外しなど、引越しに関わる物を全て取り入れてもらう事が出来ますから、単身引越しに不安を感じる場合には、引越し業者に依頼すると良いでしょう。

 

引越し業者であっても、赤帽に依頼する場合には、引越し業者のスタッフは、1人しか来ませんから、一緒に荷物の運搬を行わなければいけません。
一般的な引越し業者に比べ、単身引越しの料金を、非常に安く済ませる事ができますし、引越し先まで、トラックに乗せてもらう事ができますから、近場の引越しに非常に便利であると言われています。
友達や、親戚に引越しを頼むことで、お礼をどうしたらよいか、考えてしまう人が多いかと思いますが、赤帽であれば、料金が決められていますから、お礼の金額に迷ってしまう事もありませんし、トラックを手配してもらう事ができ、運搬も手伝ってもらう事ができますから、頼みやすいと感じる人が多いとされています。

 

自分自身で引越しを行うメリットとしては、費用がかからず済むという事です。
家族に車の手配や運搬を頼めば、お礼をする事もなく、単身引越しを行う事が出来ますから、お金がない人に非常にお勧めとなります。

 

単身引越しのデメリットについて

 

単身引越し

 

単身引越しを、引越し業者に依頼するデメリットとしては、費用がかかってしまうという事です。
引越しは、敷金や礼金などを支払わなければいけない事も多く、多くの費用がかかってしまいますから、引越し業者に支払う金額は、少しでも抑えたいと考える人は少なくありません。
費用がかかってしまう事を避けるために、自分自身で単身引越しを取り入れるような人も少なくありません。
繁忙時期の場合など、希望する日時に引越しを依頼する事が出来ないような場合もありますし、業者によっては、当たりハズレがあると言われています。

 

赤帽に引越しを依頼するデメリットとしては、運搬を自分自身でも行わなければいけませんから、大きな荷物があると、非常に大変な思いをしなければいけないという事です。
赤帽の場合、運ぶことができる荷物にも制限がありますから、単身引越しであっても、荷物が比較的多い場合には、運搬を依頼する事が出来ません。
ほとんどの赤帽では、軽トラを利用して荷物の運搬をしていますから、軽トラに入りきらない荷物は事前に処分するか、宅配便などを利用して送らなければいけません。

 

自分自身で単身引越しを行うデメリットとしては、運搬を全て自分自身で行わなければいけませんから、大変な労力が必要になってしまうという事です。
引越し業者の場合には、家具や部屋に傷をつけてしまった場合には、保証が付きますが、自分自身で運搬を行った場合には、全て実費で直さなければいけない事もデメリットとなるでしょう。

 

単身引越しの料金を調べる

 

単身引越し

 

単身引越しの料金は、引越し業者や移動する距離、そして荷物の量によって金額が異なります。
平均的な単身の荷物で考えた場合、近距離である場合には、3万円弱の料金が相場であると言われています。
距離が長くなれば、その分料金も高くなりますから、500キロを超える距離を運搬する場合には、単身引越しでも5万円を超えた金額となってしまう事もあります。

 

上記の価格は、単身プランと呼ばれる、通常の単身引越し料金の相場となり、単身パックと呼ばれる、コンテナに積んで運搬するような場合には、マイナス1万円ぐらい割安になると考えましょう。

 

単身プランの場合には、段ボールの無料サービスや、無料回収などを取り入れているような場合が多いのですが、単身パックの場合には、段ボールの無料配布を行っていないような場合がほとんどとなります。
単身パックの場合、コンテナに積むことができない荷物量となってしまった場合には、別料金がかかる事になります。
単身パックを取り入れているのは、大手の宅配業者である場合が多いため、入らなかった荷物は、宅配として、運搬する事になる場合が多いとされています。
段ボールの大きさにもよりますが、1つの段ボールを運搬する事で、1000円前後プラスになりますから、コンテナの大きさを事前に確認し、荷物がオーバーしてしまうようであれば、荷物を減らすか、自分自身で持ち込むことを検討し、別料金を少しでもなくすことができる様にしておくことが大切となります。

 

単身引越しを少しでも安くするために

 

単身引越し

 

単身引越しを少しでも安くするためには、様々な引越し業者を比較する事が大切です。
単身引越しは、元々非常に高額であるわけではないため、数千円の違いであれば、どこでも良いと考えてしまうような人も多いのですが、自分自身で納得して引越し業者を選ばないと、引越し業者のスタッフの対応が自分に合わなかったり、電化製品が壊れていたなどといった、トラブルが起きてしまう事になりますから、安くても、対応がしっかりとしている引越し業者に運搬を依頼するようにしましょう。
一括見積もりサイトなどを利用すると、何社に連絡をし、見積もりを出してもらわなくても、一度の入力で、複数社からの見積りを出してもらう事が可能となりますから、お勧めです。

 

その他には、少しでも荷物を減らしておくと、単身引越しの料金を安く抑える事が可能となります。
コンテナを利用する単身パックのような場合には、コンテナを1まわり小さい物にする事ができれば、数千円から1万円程度の節約になりますから、見積もりに来てもらった際に、後どの位の荷物を減らすことで、ワンランク小さいコンテナでの運搬が可能となるのか、相談してみると良いでしょう。

 

引越し業者に頼まず、自分自身で単身引越しを行う事が、一番安く引越しを行う事が出来る方法となりますが、お金を支払わない分、自分自身が動かなければいけませんし、保証が付かないため、よく考えた上で、引越し業者に依頼をするか、自分自身で引越しをするのかを決めると良いでしょう。

 

単身引越しで多い失敗とは

 

単身引越し

 

単身引越しにより、失敗と感じてしまう場合としては、見積もり時に提示されていた金額とは別に、料金を徴収されてしまった場合に、失敗であったと感じてしまうような事が多いとされています。
その他にも、荷物をなくしてしまうというトラブルや、食器が割れていたり、電化製品が壊れていたというような場合もありますし、新居や退去する部屋に傷をつけてしまうような場合もあります。

 

大手の引越し業者の場合、家財道具や部屋に傷をつけてしまった場合には、保証を受ける事が出来ますから、何か異常があったら、少しでも早く、引越し業者に連絡をする事が大切です。

 

自宅に訪問見積もりが来た際に、別料金がかかることがないと説明を受けている場合には、運搬別料金がかかると言われてしまっても、支払う必要はありませんが、ネットからのみの申し込みである場合や、後から荷物が増えてしまった場合などは、別料金が発生してしまっても、支払わなければいけない場合が多いとされていますから、注意しましょう。

 

単身引越しを行う時期は、多くの人がかぶってしまう事が多いとされています。
そのため、希望する日時に単身引越しを依頼したい場合には、割高になってしまう事もありますし、希望通りに運搬を依頼する事ができず、失敗であったと感じてしまうような場合もあります。
そのため、希望する引越し日がある場合には、できるだけ早く契約を進めておくことが大切となります。
繁忙時期は、朝一の運搬であると、前の引越しが長引いてしまって遅れてしまうという事がありませんから、お勧めです。

 

単身引越しは自分でできる?

 

単身引越し

 

単身引越しは、大抵の場合、それほど荷物量が多くないため、自分自身で行う事も可能です。
ですが、自分自身で荷物を運搬する場合には、軽トラックなど、荷物を運搬する事ができる車を用意しなければいけませんし、新居までその車を運転してくれる人がいなければ、自分自身での単身引越しは難しいと考えましょう。
特に女性の場合、自分自身での荷物の運搬が非常に大変な作業となってしまったり、レンタカーで借りた車を運転する事が出来ないと言った事態に陥りやすくなりますから、注意しましょう。
遠方への引越しは、車を戻さなければいけませんから、帰りの事も考えておかなければいけません。

 

自分自身での引越しの場合、荷物の量に応じて、知り合いや家族に、荷物の運搬を依頼する事もあるでしょう。
友達や知りあいなどに、荷物の運搬を依頼した時には、お礼をしなければいけません。
知り合いですから、引越し業者に支払う金額程、高いお礼をする必要はありませんが、数千円の出費は考えておきましょう。
現金で3千円程度お礼をするというような人が最も多いとされていますが、食事をご馳走するような人も比較的多いとされています。

 

自分自身で行う単身引越しは、自分自身の労力により、お金を節約するという方法となりますから、忙しい人や、力仕事に自信がない場合には、費用を支払い、引越し業者に運搬を依頼した方が安心安全であると言えるでしょう。自分自身での運搬の際は、家具や部屋に傷をつけてしまう事がないよう、慎重に運搬を行うようにしましょう。

 

単身引越しを迷ったら

 

単身引越し

 

単身引越しを取り入れる際、自分自身で運搬をするべきか、引越し業者に運搬を依頼するべきか、迷ってしまうような人も多いかと思います。

 

どちらにするか迷ってしまっているような場合には、まずは、引越し業者から見積もりを出してもらい、単身引越しにどのくらいの費用がかかるのかをチェックして見ると良いでしょう。
一括見積もりサイトなどを利用し、単身引越しにかかる料金の相場を、ある程度チェックする事が出来たら、その金額を支払う事ができるのかを考え、金額的に難しいのであれば、自分自身で荷物の運搬をする事を検討してみると良いでしょう。
自分自身で運搬する場合であっても、車がない場合には、レンタカーを借りなければいけませんから、自分自身の引越しにかかる費用の概算もある程度出しておくと、比較をしやすいでしょう。

 

安心であるのは、引越し業者に依頼するという方法です。
慣れない道を運転しなければいけないリスクや、家財道具や住居に傷をつけてしまった際でも、保証を受ける事ができるのは、引越し業者となりますし、荷物を運ぶという、大変な作業を行わなくても良いため、引越しに不安を感じる場合には、引越し業者に依頼する方が良いとされています。
ですが、少しでも安く引越しを済ませたいと考えるのであれば、自分自身での単身引越しを選ぶと良いでしょう。
全ての運搬を一人で行う事が出来れば、お礼としてかかる費用も必要ありませんから、非常に安く引越し料金を抑える事が出来る事でしょう。

 

単身引越しを比較してみる

 

単身引越し

 

単身引越しを行う引越し業者を選ぶ場合には、様々な引越し業者を比較した上で選ぶと良いでしょう。

 

引越し業者によって、料金が異なるだけではなく、サービスも異なります。
オプションとして別料金で加算されるような項目が、元々の引越し料金の中に含まれているような場合もありますから、サービスも合わせて比較する事が大切です。
契約をする事で、粗品をもらう事が出来るような引越し業者も増えていますから、金額だけで判断するのではなく、必ずサービスやキャンペーンをチェックするようにしましょう。

 

単身引越しの見積りを依頼する方法としては、電話やネットなどを利用し、直接引越し業者に連絡をするという方法を取るような場合が多いのですが、一括見積もりサイトを利用するという方法もあります。
複数社に単身引越しの見積もりを依頼して比較をしたいと考えているような人の場合、何社にも連絡をしなければいけず、面倒に感じてしまう事と思いますから、一括見積もりサイトから、一度の項目入力により、複数社分の見積もりを出してもらう事で、時間と手間がかからずに、3社から4社程度の引越しの見積もり額を調べる事ができます。

 

引越し見積もり業者に登録されている業者の場合、悪徳な引越し業者はおらず、安心して荷物の運搬を任せる事が出来る場合が非常に多いとされています。
ですが、サイトによっては、同じ系列のみの引越し業者が登録となっている事もありますから、注意が必要となります。

 

単身引越しでも見積もりは必要?

 

単身引越し

 

単身引越しの場合、訪問の見積りを依頼しなくても、契約を進める事が出来るような場合もあります。

 

ですが、訪問見積もりを行う事で、引越し業者のスタッフが荷物の量を確認し、その荷物に合わせたトラックや、コンテナを指定する事が出来ますから、少しでも引越し料金を安く抑えたいと考える場合には、訪問見積もりは必須となります。

 

訪問見積もりを取り入れずに、単身引越しを行う場合、引越し業者側としては、荷物が入りきらなくなってしまう事を防ぐため、申告された荷物量よりも、若干多めの荷物量でトラックやコンテナなどを準備する事が多いとされています。
元々の荷物の量よりも、多い荷物で計算されてしまうわけですから、当然引越し料金は高くなってしまいますし、たとえ、トラックに余分なスペースが空いてしまっても、コンテナがスカスカになってしまっても、料金が安くなることはありません。

 

コンテナを指定してもらい、このサイズに入るまでと決めてもらう事で、訪問見積もりがなくても、割高な引越し料金となってしまう事を防ぐことも可能です。
コンテナを1つの大きさしか用意していない引越し業者に、単身引越しを依頼する場合など、コンテナ料金以上の金額となってしまう事はありませんが、コンテナの大きさを指定された場合には、荷物が多くなってしまい、コンテナに積むことができなくなってしまうと、別料金が加算されてしまう事になりますから、注意が必要となります。

 

引越しの手順について

 

単身引越し

 

単身引越しを行う場合には、まずは引越し業者の選定から始めましょう。

 

様々な引越し業者を比較し、引越し業者が決まると、引越しの日時が確定する事になりますから、引越日時から逆算しながら、やらなければいけない事をカレンダーに記載していくと良いでしょう。

 

日常で使用するもの以外の物を梱包するのは引越しの何日前まで、役所での手続きはこの日まで、など、計画を立てて単身引越しを進めると、手続きをやり忘れてしまうような事がありません。

 

急に引越しをしなければいけなくなってしまった場合など、一気に引越しの手続きと、荷物の梱包をしなければいけませんから、焦ってしまいがちとなりますが、カレンダーに予定を記載しているほど、日数に余裕があるわけではありませんから、やることリストを作り、作業が完了した項目から、リストを塗りつぶしていくと良いでしょう。

 

荷物の梱包をすれば、引越しは終わりとなるわけではありません。
単身引越しの場合、自分一人で様々な手続きを全て行わなければいけませんから、現在の住居の退去手続きや、ガス、電気、水道も新居へ使用変更の手続きをしなければいけませんし、役所で転出届をもらう事も忘れずに行うようにしましょう。
学校に通っている場合には、学校にも転居届の提出が必要となります。
転居後に行う事ができる手続きも数多くありますが、いざという時に困ってしまう事がないように、引越し前に準備しておくことが安心と言えるでしょう。

 

引越しで得をする

 

単身引越し

 

単身引越し行う場合には、引越しにより、得をする事が出来る引越し業者に見積もりを依頼してみる事も良いでしょう。

 

引越し業者の中には、単身引越しの見積もりを取るだけで、お米をもらう事が出来たり、クオカードをもらう事が出来るような引越し業者もあります。
様々な引越し業者と比較をし、実際に契約をしなかったとしても、見積りをする事でプレゼントをもらう事が出来るような引越し業者もありますから、そのような引越し業者に、単身引越しの見積もりを依頼する事もお勧めです。

 

その他にも、契約が成立となることで、ご近所への挨拶回りに配ることができるタオルや粗品をプレゼントしてくれる引越し業者もありますし、引越しお役立ちグッズとなる、掃除用品などをプレゼントしてくれるような引越し業者もあります。契約が成立となることで、プレゼントに応募する事ができ、当選する事で、ディズニーランドのチケットや、電化製品などが当たるようなキャンペーンを取りいれている引越し業者もあります。

 

引越し業者が取り入れているプレゼントは、期間限定で行っているような場合が多いため、プレゼントをゲットするために契約を進めたいと考えるのであれば、キャンペーン対象となる期日を確認し、できるだけ早く、契約を進める事が大切となります。
キャンペーンの対象となるのかどうかも、事前に確認をし、契約を決めたのにも関わらず、キャンペーンの対象とならなかったという失敗を防ぐようにしましょう。

 

引越しのオプションを調べる

 

単身引越し

 

引越しの際には、引越し業者毎に違う、オプションを確認しておくと良いでしょう。

 

オプションは全て別料金となってしまいますが、単身引越しの際でも活用すると便利なオプションは非常に数多くありますから、自分自身で行う事ができない物は、オプションにより、引越し業者に依頼しましょう。

 

単身引越しの際に、良く活用されるオプションとしては、エアコンの取り付けや取り外し、退去後の掃除や、新居の掃除などが多くなっています。
その他には、植木鉢や、水槽の運搬などを依頼する人も多いとされています。
エアコンの取り付けや取り外しは、引越し業者に依頼しなければ、他の業者に依頼しなければいけませんから、引越しとは別の日に、期日を設けなければいけないため、引越し業者に依頼する人がほとんどとなっています。

 

単身引越しの場合、引越し先にエアコンが元々ついている場合もありますから、必ずエアコンの有無を確認した上で、オプションを依頼するようにしましょう。

 

植木鉢や、水槽は、一般的な荷物とは異なり、運搬が非常に困難となってしまう物ですし、自分自身でも運搬する事が困難となる物ですから、別料金がかかってしまっても、オプションを依頼する人が多いとされています。

 

その他にも、単身引越しに便利と考える人が多いのが、配線取り付けのサービスや、インターネットの接続サービスなど、様々なオプションがありますから、見積もりの際に、申し込みをしておくようにしましょう。

 

悪徳な引越し業者に騙されないために

 

単身引越し

 

単身引越しを依頼する際には、悪徳な引越し業者に騙されてしまう事がないようにしましょう。

 

単身引越しの場合、相談する事もなく引越しを進めてしまう事が多いため、騙されている事に気が付かないというような人も少なくありません。

 

悪徳な引越し業者の手口としては、訪問見積もりの際に、手付金や前金、見積もり料金などを徴収してくるような場合もあれば、見積もり時に提示された金額よりも、大幅に高い金額の請求書を提示してくるような場合もあります。

 

訪問見積もりの際には、必ず引越運送約款を提示しなければいけないという決まりがありますが、提示せずに見積もりを行うような場合には、注意が必要となります。

 

その他にも、運搬の際のトラックのナンバーを確認してみる事も大切となります。
運搬の際に利用するトラックのナンバーが緑色以外のナンバープレートである場合には、注意が必要となります。
軽トラックの場合のみ、黒ナンバーでも荷物の運搬は可能となりますが、その他の色のナンバープレートである場合には、荷物を運搬する事ができる車ではありませんから、荷物を運ぶ前に必ずチェックしましょう。

 

急にキャンセルになってしまうと、キャンセル料として、非常に高い料金を請求されてしまう事もあるのですが、キャンセル料は当日で、料金の20パーセントまでと決められていますから、法外なキャンセル料に注意しましょう。
単身引越しであると、無知であると思われてしまう事が多いため、騙されやすいとされていますから、信頼できる引越業者に運搬を依頼するようにしましょう。

 

引越しに必要な物とは

 

単身引越し

 

単身引越しを行う前には、引越しに必要となる物をある程度準備しておくと良いでしょう。

 

単身引越しに必要となる物としては、段ボールや、ガムテープ、マジックや布団袋、新聞紙やプチプチなどの梱包資材などが必要となります。
その他にも、紐や、家具の解体や組み立ての際に利用するドライバーなども準備しておきましょう。

 

荷物を梱包する際、ほこりをかぶっている物を梱包しなければいけない事もありますから、マスクや雑巾なども用意しておきましょう。
雑巾は、退去後の掃除や、新居の掃除にも利用する事が出来ますから、数枚準備しておくと安心です。

 

荷物の運搬の際に重宝するのがウェットシートです。
家具のちょっとした埃を拭いたり、家具を置く前に床をさっと拭いてから置きたい場合など、ウェットシートを準備しておくと良いとされています。

 

忘れがちとなるのが、カーテンや照明です。

 

単身引越しである場合、事前に部屋をチェックしておく人が非常に少なく、新居についてから、カーテンや照明がついてない事に気が付き、慌てて購入しに行くというような人も少なくありません。
事前に部屋の間取りをわかっていれば、照明やカーテンも準備可能となるのですが、サイズを確認せずに引越当日を迎えてしまうような場合もありますから、注意しましょう。

 

家具を置く前には、カーペットを準備しておくことも大切です。
家具を置いてしまってからでは、家具を動かしてカーペットを敷かなければいけませんから、注意しましょう。

 

引越しで得られる保証とは

 

単身引越し

 

引越し業者に単身引越しを依頼する場合には、保証サービスが付いてきます。

 

保証サービスとは、単身引越しの荷物の運搬の際に、家財道具や電化製品などが壊れてしまった場合や、住居に傷をつけてしまった場合など、保証を受ける事が出来るサービスとなります。

 

家財道具や電化製品が壊れてしまっていたり、傷がついてしまっていると、運搬の際についた傷かどうかわからず、そのまま引越し業者に何も伝えないままとしてしまう人が多いのですが、泣き寝入りしてしまうのではなく、引越し業者に連絡をし、保証を受けるようにしましょう。

 

保証を受ける事が出来る期間は、引越し業者によって異なりますが、出来るだけ早く連絡をする事が大切となりますから、荷物の運搬が終ったら家財道具や電化製品をチェックし、壊れていないかどうかを確認するようにしましょう。
後々、住居や家具に傷がついている事に気が付く場合もありますから、運搬の前には、責任者から名刺をもらっておくと安心です。
壊れてしまった場合や、傷がついてしまった場合などは、修理や、代替品、修繕などを行う事が出来るのですが、段ボール箱がなくなってしまうような場合、保証を受ける事が難しいとされています。
思い出の写真など、非売品となっている物が紛失してしまった場合、金額にする事が出来ませんから、単身引越しの前には、必ず段ボールの数を確認し、運搬完了と言われた際にも、段ボールの数を数え、紛失してしまう事を防ぐとようにする事が大切となります。

 

引越しでしなければいけない手続きとは

 

単身引越し

 

単身引越しの際の手続きには、様々な物があります。
単身引越しは、荷物が少ないため、楽だと思っている人が多いのですが、やらなければいけない事はたくさんあります。

 

荷物の運搬だけで引越しは完了となるわけではなく、役所への転出届、新居の管轄である役所へ転入届の提出、郵便局にて、郵便物の転送手続きを行う事も大切ですし、クレジットカードの利用明細が、新住所になるように、住所変更の手続きを行う事も必要となります。
保有している口座の住所変更も必要ですし、学生である場合には、学校に転居の届け出をしなければいけません。
役所で住所変更の手続きを進める場合、国民健康保険や、年金などの住所変更も一緒に行う事が出来ます。
単身赴任であり、現在児童手当をもらっている場合には、児童手当などを支給する自治体が変更になることもありますから、役所で確認してみましょう。

 

現在賃貸である場合には、不動産屋に連絡をし、退去の日時を伝え、部屋の状態をチェックしてもらった上で、返金があるのか、もしくは費用がかかる事になるのかを確認してもらう事も必要となります。
電気やガスは、転居日時を電話で連絡をするだけで、現在の住居での使用をストップし、新居でもすぐに使用可能となる場合が多いのですが、ガスの場合には、新居で立ち合いをした上で、開栓してもらう必要がありますから、忘れずに手続きを行うようにしましょう。

 

単身引越しの場合、全ての手続きを全て自分自身で行わなければいけませんし、家族などに代理を依頼する場合には、委任状が必要となる場合もありますから、注意しましょう。

 

追加料金が発生してしまったら

 

単身引越し

 

単身引越しは、追加料金が発生しないように、事前の訪問見積もりにより、見積もり額を提示してもらう事が通常なのですが、場合によっては、後から追加料金が発生してしまう事もあります。

 

追加料金が発生してしまう時としては、見積もりの後から荷物が増えてしまった時が非常に多いとされています。
単身引越しの場合、コンテナを利用して荷物を運搬する事もありますが、単身引越し当日になり、コンテナに荷物が入りきらなかった場合にも、別料金が加算されてしまう事が多くなっています。

 

見積りに提示されていた金額よりも、多くの金額を徴収されてしまった場合には、オーバーした金額が、納得する事が出来る理由であるのか、引越し業者に確認をしましょう。
荷物量が増えておらず、引越し業者の見積もりがあいまいであったために、追加料金が発生しているような場合には、支払わなくても良い場合もあります。
ネットからの申し込みにより、訪問見積もりを取りいれずに見積もりを出してもらった場合には、追加料金が発生しやすくなりますから、注意しましょう。

 

その他にも追加料金となってしまう場合としては、住居にエレベーターが付いていない場合や、荷造りが終っていない時、処分すると伝えていた物を処分する事が出来ていない時や、指定していた日時が変更となった場合など、追加料金が発生しても、支払わなければいけない料金となります。

 

単身引越しであると、悪徳な引越し業者に騙されやすいとされていますから、追加料金は、納得した上で支払うようにしましょう。

 

引越しが安くなる時期とは

 

単身引越し

 

引越しは、時期によって、金額が安くなる時期があります。

 

単身引越しの場合、元々の金額がそれほど高額とならないため、繁忙期であっても、数万円以上の金額差が生じてしまうわけではありませんが、少しでも安く単身引越しを行いたいと考えている場合には、繁忙時期を避けると良いでしょう。

 

引越しの繁忙時期とされているのが、3月や4月です。
この時期が一番引越し業者は忙しく、料金も比較的高くなってしまいがちとなります。
その他にも、9月頃も、比較的忙しいと言われています。

 

逆に閑散期と呼ばれているのが、6月や11月頃となっています。ファミリー引越しの場合、倍以上の金額差となってしまう事もあるのですが、単身引越しの場合には、数千円から1万円程度の金額差となる場合が多いとされています。

 

引越しが高額である時期は、引越しの需要が多くなっている時期となりますから、それだけ予約が取りにくく、時間指定をして申し込みをしていたとしても、指定した時間に来てもらう事が出来ないような場合もあります。
午後一で申し込みをしていたとしても、午前の引越が長引いてしまう事で、午後一にならず、1時間から2時間程度、遅れて引越し作業が開始となることもありますから、繁忙時期の申し込みをする際には、注意が必要となります。
繁忙期に、確実に時間通りに引越しを進めてもらうためには、朝一の時間指定をしておく方が良いとされています。
特に、土日、祝日は、予約が多く、希望の時間に単身引越しを行う事が出来ない場合が多いとされていますから、注意しましょう。

 

引越しは価格交渉ができるの?

 

単身引越し

 

単身引越しを少しでもお得な料金で進めたいと考える場合には、価格交渉を取り入れてみる事も良いでしょう。

 

価格交渉は、訪問見積もりの際に行う事が出来るのですが、価格交渉をしやすいとされているのは、中小の引越し業者となります。
大手の引越し業者の場合、元々の金額が決められている事が多く、価格交渉に応じてもらう事が出来ない場合が多いとされています。
コンテナを利用して行う単身パックの場合も、コンテナ1つの料金が決められているため、価格交渉をしづらいとされています。

 

価格交渉を取り入れる場合には、コンテナを利用しての単身引越しではなく、単身プランとして申し込みをした場合にのみとなります。
単身引越しの価格交渉の方法としては、他社の見積りを事前にもらっておくと価格交渉をしやすいでしょう。
他社の引越し業者よりも高い見積もり額が出た場合に、事前にもらっておいた見積もりを提示し、この価格以上であれば、契約を検討すると伝えると良いでしょう。
訪問見積もりに来ることで、その場で申し込みを迫られるような場合もありますし、まだ契約をしていないのにも関わらず、梱包資材を置いて行ったりするような引越し業者もあるのですが、様々な引越し業者と比較をした上で契約を進めたいと考えているのであれば、その場で契約を進めてしまわずに、契約は検討中であるという旨をしっかりと伝えるようにしましょう。
雰囲気に流されてしまう場合には、1人で訪問見積もりに対応するのではなく、友人や親せきに同席してもらうと良いでしょう。

 

3月や4月に引越しが多くなる理由とは

 

単身引越し

 

引越し業者は、3月や4月になると繁忙期と呼ばれる時期に入ります。

 

3月や4月に引越しが多い理由としては、3月は4月に、職場の異動があるような会社が非常に多いという事や、新学期に合わせて引越しをするという人が多いため、繁忙時期となっているのです。その他にも、新学期に合わせて、マンションなど新築の住宅の入居開始となる場合が非常に多くなっているため、マンションの一斉入居が重なる季節でもあり、3月や4月は、繁忙時期となっているのです。
大学生が一人暮らしを始めたり、大学を卒業し、新たに一人で社会人として暮らし始める事が多いのも、3月や4月であるとされています。

 

3月4月以外では、9月にも単身引越しを行う人は非常に多いとされているのですが、9月も、職場で異動があるような場合が多いため、引越しを取り入れる人が多い季節となっています。

 

3月や4月が、単身引越しの料金が一番高い時期となり、次に金額が高いとされているのが、9月となりますから、少しでも引越しの金額を抑えたいと考える場合には、注意が必要です。
現在の住居の退去日と、新居への入居日に合わせて単身引越しを取り入れたいと考える人が多いため、月末に引越しを依頼したいと考えるような場合が多いのですが、月末も、単身引越しを取り入れる人が多いとされていますから、月初に比べると、比較的予約が取りづらかったり、金額が高めの設定となっている事が多いとされていますから、注意が必要となります。

 

引越し業者が用意してくれる梱包資材を確認しよう

 

単身引越し

 

単身引越しを行う場合、引越し業者によっては、必要な資材を準備してくれるような場合もあります。
無料で梱包資材をプレゼントとしているような場合もあれば、梱包資材は有料としている場合もありますから、引越し業者から梱包資材を届けてもらう場合には、事前に確認をしておきましょう。
引越し業者から受け取ることができる梱包資材としては、段ボールとガムテープ、食器梱包の為の箱や、ハンガーボックスや、布団袋などとなっています。
引越し業者によっては、靴の梱包ボックスを用意してくれるような場合もあります。
必要である梱包資材を事前に伝えなければ、梱包資材を用意してもらう事が出来ない場合がほとんどとなりますから、単身引越しの見積もり時に必要な梱包資材を伝え、梱包資材が無料となるのか、有料となるのかを確認した上で、申し込みをしておくようにしましょう。
自分自身で段ボールを用意する方法もありますが、引越し業者で用意してもらった方が、大きさを揃える事ができ、扱いやすいと言われています。

 

薬局やスーパーなどからもらった段ボールを集める作業を大変に感じる人は非常に多いですし、車がないと、段ボールを集める事が困難となってしまう事が多いとされています。
ですが、段ボールが有料となってしまう場合には、自分自身で段ボールを集める方が、安く単身引越しを行う事が出来るでしょう。

 

段ボールを自分自身でホームセンターなどで購入すると、1枚あたり100円前後かかってしまいますから、ホームセンターで購入するのであれば、引越し業者から購入した方がお得となります。

 

引越しを楽に行うために

 

単身引越し

 

引越しは、荷物の梱包をする事が一番大変な作業であると言われています。

 

単身引越しである場合、それほど荷物の量が多くない場合が多いのですが、それでも、洋服や雑貨など、様々な物を梱包しなければいけませんから、荷物の梱包の為に時間を作らなければいけなくなってしまう事もあります。

 

忙しい人や、片づける事が苦手である人の場合には、単身パックではなく、単身プランの申し込みとし、荷物の運搬まですべて行ってくれる、おまかせパックなどと呼ばれているようなプランの申し込みを選ぶと良いでしょう。
引越し業者によっては、荷物の梱包と運搬を行ってくれるような場合もあれば、荷物の梱包、運搬、荷解きまで、全て行ってくれるような場合もありますから、荷解きまですべて行ってくれるようなプランを選ぶ事で、引越しを大変に感じる事がありません。
単身引越しの際に、掃除のオプションも一緒に取り入れていれば、退去後の掃除や、入居前の掃除まで行ってくれますから、自分自身では何の苦労もせずに、引越しを完了させることができます。
全てお任せプランにしてしまうと、その分高額な料金がかかってしまう事になりますが、少しでも楽に引越しをしたいと考える人にはお勧めのプランとなりますから、忙しい人や、梱包をする事を面倒に感じる人、妊婦の人などが取り入れる事が多いとされています。

 

単身引越しは、お金をかける事で、楽に行う事が出来ますが、自分自身の手間をかける事で、安く行う事が出来ると考えておくと良いでしょう。

 

ワンコイン引越しとは

 

単身引越し

 

引越し業者の中には、ワンコイン引越しとして、500円で引越しを行う事が出来るような引越し業者があります。

 

ワンコインと聞くと、ちゃんと運搬してくれるのか、悪徳な引越し業者ではないかと、疑ってかかる人も多いのですが、本当にワンコインでしっかりと運搬を行ってもらう事が出来ます。
500円だけではなく、100円で運搬可能としているような引越し業者もあります。

 

ですが、ワンコインで引越しを行うためには、条件があり、インターネット回線の申し込みを行わなければいけません。
インターネット回線の申し込みをし、契約で決められた年月の契約を行わなければいけないため、新居にて、インターネット回線を新規で申し込みをしようと考えている場合には、非常にお得なサービスとなります。

 

ワンコイン引越しは、1社のみが取り入れているわけではなく、複数の会社が取り入れていますから、インターネット回線の開通を考えている場合には、ワンコイン引越しを取り入れてみる事も良いでしょう。

 

大抵の場合、条件指定をしており、距離や、トラックの大きさなどが決められているような場合がほとんどとなりますが、単身引越しの場合、荷物の量が元々少ないため、距離の条件さえ合えば、大抵の場合、ワンコインで運搬可能となります。
たとえ条件に合わない場合であっても、引越しの料金を割引してもらう事ができますから、一般の単身引越しに比べると、非常に安い価格で単身引越しを行う事が出来ますから、少しでも安く引越しを取り入れたいと考えている人にお勧めとなります。

 

引越しのマナーを調べる

 

単身引越し

 

単身引越しであっても、引越しのマナーを守り、周囲の人に嫌な思いをさせてしまう事がないようにする事が大切となります。

 

引越しの際には、大抵の場合、多くのゴミが出てしまう事が多いのですが、ゴミは指定の曜日ではないと、回収してもらう事が出来ませんから、退去するから関係ないと、ゴミ置き場にゴミを放置したまま、引越しをしてしまうような事はやめましょう。
ゴミが出てしまっても困らないように、できるだけ荷物の梱包は余裕を持って行い、ゴミが出た際にも、指定された曜日に回収してもらう事ができる様にすることが大切です。
単身引越しの場合には、慌ただしい引越しになってしまう事も多いため、引越し業者に、ゴミの収集を依頼しておくと良いとされています。

 

その他にも、引越しを行う時間帯には十分注意しましょう。

 

自分自身で引越しを行う場合は特に、時間を気にせずに夜中に荷物の運搬を行うような人も多いのですが、夜間に荷物の運搬を行う事は、騒音となってしまい、退去する住居の近隣にも、新居の近隣にも、迷惑をかけてしまう事になりますから、注意しましょう。

 

退去する部屋の掃除をせずに、引越してしまうような人も非常に多いとされていますが、どんな部屋であっても、退去する時には、ある程度掃除をし、綺麗な状態にしておくことが引越しのマナーです。
単身引越しであるから、マナーは守らなくても良いというわけではありませんから、引越しのマナーを守り、気持ちよく引越しを行うようにしましょう。

 

レディース引越しとは

 

単身引越し

 

女性が引越しを取り入れる場合には、レディース引越しを検討する事も良いでしょう。

 

レディース引越しとは、引越しに関わるスタッフが全て女性となる引越しとなります。

 

レディース引越しを取り入れている引越し業者であれば、単身引越しの場合であっても、レディース引越しを取り入れる事は可能となりますから、女性のスタッフが良いと考える場合には、レディース引越しを取り入れている引越し業者を選ぶと良いでしょう。

 

スタッフが女性であるからといって、引越しの内容は、全く変わりません。
男性である方が、荷物の運搬が早いのではないかと考える人が多いのですが、女性のスタッフであっても、運搬のプロですから、男性とはほとんど差が出ない程、運搬に長けているスタッフが運搬を行う事になりますから、心配いりません。

 

単身引越し時に、レディース引越しを選んだからといって、引越し料金が割高になってしまう事はほとんどありませんから、男性に部屋に入られる事に抵抗を感じる場合には、レディース引越しを検討してみると良いでしょう。

 

女性スタッフが運搬を行う場合、男性では気が付かないような、細やかな気配りができる人が非常に多く、女性客に非常に人気が高いとされています。
レディース引越しであるからといって、一般の単身引越しのキャンペーンが適用とならないといったことはありませんから、通常の引越しとは何も変わらず、スタッフが、女性となるだけであるとされています。

 

引越しの挨拶は必要?

 

単身引越し

 

最近では、引越しの際の挨拶まわりを行わない人が非常に多いとされています。

 

ファミリー引越しの場合でも、ご近所への挨拶を行わない人が非常に増えていますから、単身引越しの場合には、ほとんどの人が、挨拶まわりを行わないとされています。

 

ですが、挨拶まわりをしておくことで、いざという時に、近所の人と顔見知りである事で、助けられることもありますから、できるだけご近所への挨拶まわりはしておく方が良いとされています。

 

単身引越しであっても、退去する近隣の住居の方々にも、引越しによる騒音をお詫びするのと共に、お世話になりましたと一言添えるだけでも、お互いが気持ちよく引越しを行う事ができますし、新居へ入居する際にも、引越ししてきた旨を伝え、よろしくお願いしますと伝える事で、近隣にどのような人が住んでいるのかを知ることができます。
単身引越しの場合、近隣なんて、どうでも良いと考えてしまう人が多いのですが、騒音や、水漏れなど、住んでいる事で、ご近所トラブルになってしまう事もありますから、事前に挨拶まわりを行っておく方が良いとされています。

 

ただ挨拶に行くだけではなく、粗品を用意しておく方が、良い印象を与える事が出来るとされています。
石鹸やタオルなどが主流となりますが、年代に合わせ、子供がいる世帯には、お菓子などを用意しておくことも良いでしょう。
高額である物を用意する必要はありませんから、500円程度の粗品を用意し、挨拶まわりを行いましょう。

 

風水を調べて新居の家具配置をしよう

 

単身引越し

 

単身引越しの際には、風水をチェックし、家具の配置を検討してみると良いでしょう。

 

単身引越しの場合、同居する人がいるわけではありませんから、自分の好きなように、家具の配置を行う事ができますし、何をどこに飾る事も自由です。

 

金運アップの風水は、黄色い物を用意し、西側に飾ると良いと言われています。
みかんやバナナでも良いですし、カーテンを黄色にする事もお勧めです。
その他にも、北枕で寝ると、金運アップに効果的であると言われていますし、トイレのフタを必ずしめるように心掛ける事でも、金運アップを期待する事ができます。

 

結婚運や恋愛運をアップさせるためには、部屋の掃除が欠かせないと言われています。
特に、運気が舞い込んでくると言われている玄関は、いつでも綺麗に保つことができる様に心掛けましょう。
寝室にオレンジ色を取り入れる事で、更に結婚運をアップする事が出来るとされていますから、枕カバーや布団をオレンジに変えてみる事もお勧めです。

 

健康運をアップさせたいと考える場合には、観葉植物を部屋の中に置くと良いと言われています。
玄関を入り、右手側に鏡を置き、出かける前と帰ってきてからの自分をチェックする事も健康運アップにはお勧めとなっています。
黒や白などのモノトーンで部屋を統一させる人が多いのですが、モノトーンは健康運を下げてしまうと言われていますから、注意が必要です。

 

温かみのある部屋を作ることで、自然と、全体の運気をアップさせることができますから、単身引越しを機に、取り入れてみると良いでしょう。

 

不用品の処分を考える

 

単身引越し

 

単身引越しの梱包作業を進めると、不用品が数多く出てくることと思います。

 

ゴミとして判断する事が出来る物であれば、回収日に合わせてゴミに出すことができるのですが、まだ使用する事が出来る物をそのまま処分してしまう事をもったいないと感じる場合には、リサイクルショップを利用し、現金に換えてみましょう。
ゴミとして処分するのであっても、お金がかかってしまうわけですから、少額であっても、現金に換える事が出来れば、単身引越しの費用として利用する事もできますから、いらない物は、全て売却を検討してみると良いでしょう。
物によっては、ゴミだと思っていても高値で売却を進める事が出来る物もありますから、処分してしまう前に査定を依頼してみましょう。

 

1社のリサイクルショップで売却を進める事が出来なかった場合でも、他のリサイクルショップで売却可能となる物もありますから、複数のリサイクルショップに査定を依頼する事がお勧めです。
ブランド品や、家電だけではなく、おもちゃやゲーム、洋服や鞄、靴なども買取可能となりますから、品物に合わせたリサイクルショップを探してみましょう。
あまりにも品物が多い場合には、自宅に査定に来てくれるリサイクルショップを選ぶ事もお勧めです。
自分自身で処分したいものを運び込まなくても、車で取りに来てもらう事ができます。
その他にも、宅配にて買取を依頼する事ができるサービスを取り入れているような店舗もありますから、単身引越しの梱包の合間を見て、買取業者に依頼してみる事も良いでしょう。

 

新居の臭い消しをする

 

単身引越し

 

単身引越しを完了させた後に新居の臭いが気になってしまうような人は非常に多いとされています。今までの自分の部屋とは全く違う臭いになってしまう事で、落ち着かないと感じてしまい、中々部屋に馴染めないと感じてしまうような事もあるのです。
新築である場合には、クロスを張る時に使用した接着剤などの臭いが残っているような場合が多いとされていますが、中古である場合には、以前に住んでいた住人の臭いが染みついてしまっているような場合もあります。
以前の住人が、煙草を吸う人であったり、ペットを飼っていた場合など、自分自身で臭いを消そうと思っても、中々臭いを消すことができないような場合もあります。

 

単身引越しが完了してから、臭いに悩まされる事になってしまっては、引越しが失敗となってしまいますから、できるだけ早く、気になる臭いを除去する事ができるようにしましょう。
換気をしたり、ファブリーズを使用する事で、臭いを除去しようと考える人は非常に多いのですが、換気や消臭スプレーは部屋の臭い消しには、それほど高い効果を得る事が出来ません。
すぐにでも臭いを変えたいと考える場合には、アロマなどを利用し、部屋の臭いを一気に変えてしまうと良いでしょう。
自分の好きな香りや落ち着く香りをアロマとして利用する事で、部屋に入ってから落ち着かない状態を改善する事が出来ます。
その他にも、空気清浄機を利用するという方法もありますが、単身引越しの場合、それほど部屋のスペースにゆとりがあるというような人が少ないため、アロマの方がお勧めであると言えるでしょう。